夢中でダンスする父さんと俺

みんなで「たい焼き」に関して考えてみないかい?それほど難しく考えることじゃない気がするんだ、「フライドポテト」の特徴とかはね。

みんなで「たい焼き」に関して考えてみないかい?それほど難しく考えることじゃない気がするんだ、「フライドポテト」の特徴とかはね。

気持ち良さそうに走る姉ちゃんとオレ

この一眼は、実は、砂浜で見つけた物だ。
その日は、7月のはじめで、中盤で、いつものように暑くてたくさん汗をかいた。
新宿で、彼女と言い合いになって、今日は口を利きたくないと言われてしまった。
それで深夜、実家からこの海岸まで、走ってやってきて、砂浜をじっと見ていた。
すると、少し砂に埋もれたこの一眼レフに出会うことができたのだ。
拾って、興味を持って夜の様子を撮ってみた。
一眼レフの落とし主より、良い感じにとれているかもしれない。
彼女の笑った瞬間撮れたらなー、とか、なかなかピント調節ってめんどくさいなー、とか思っていた。
連絡して、なんとか会ってくれるなら、彼女に自分が悪かったと謝ろう。
で、この一眼、交番に届けよう。

息絶え絶えで泳ぐ彼と月夜
蝉もおとなしくなった夏の日の夜。
少年は家の縁側に座って、スイカを食べていた。
西瓜をかじってはタネを庭に吐いていると、ときおりタネが飛ばずに、自分のお腹や胸に落ちたりしていた。
横に置いているかとり線香の香りと、風の吹かない暑い夜、それから口いっぱいの西瓜。
少年はそんな事を感じながら、この夏これからどんなことして遊ぼうか、と夜空を見上げた。

ノリノリでお喋りする姉ちゃんとぬるいビール

店内の列は、ほとんどが日本からの観光客という感じだったのでその不思議な光景にも驚いた。
買い物中のお客様は、ほとんどが日本人観光客という様子だったのでその光景にびっくりした。
実は、韓国の化粧品は肌の栄養になる成分が豊富に含まれているらしい。
もちろん、化粧品にも惹かれるけれど店番の人の日本語にも感心した。
美容関係に特化した会話だけなのかもしれないが、日本語が充分に通じる。
私たちは、簡単な韓国語を使おうと向かった韓国旅行だけど、出る幕がないようだった。
会話の機会があれば、努力次第で外国語を話せるようになるという事を知らされた旅行だった。

笑顔で熱弁する君と公園の噴水
息子の4歳の誕生日が近づいているので、プレゼントをどういったものにするかを迷っている。
嫁と話して、体で遊ぶ遊具か知育玩具か着るものなどにするかを決めようとしている。
悩んでなかなか決められないので、実際に見に行って決めることにしたけど、ピンとくるものがない。
しかし、子供に近くにいかせてみたら、簡単に決めることができた。
トンネルの遊具に一生懸命だったから、これに決めた。
ただ、家が小さいので、一番小さなコンパクトなものに決めた。
価格が、なかなかリーズナブルだったので、助かった。

陽気に泳ぐ子供と私

服屋さんって私には無理・・・と考えるのは私だけだろうか。
毎日、抜かりなくファッションを選ばないと店のイメージにつながる。
私なんて、会社で仕事する時はスーツを着ればいいし、メイクもしてればそれでよし。
お出かけの時は、自分で納得するファッションを纏えばいいし、自宅で仕事するときはワンピース一枚で問題ない。
だから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、関われない。
服を選んでいると、店員さんがやってきて、服の説明やコーディネイトを教えてくれる。
私はどうしてもそれに怖くなり、買わずに逃げてしまうのだ。
こういった部分も、店員さんって大変と思う大きな理由の一つだ。

一生懸命口笛を吹く家族と紅葉の山
[確実にこうで間違いない!」と、自身の価値観だけで他人を判断するのは悪ではないと思う。
と言いたいけれど、世の中には、人それぞれと言われるものが個人の周りに漂っている。
これらを頭に置いておけば自信を手に入れるのはGOODだけど、あまり反論するのは不要かも?と思う。
まあ、これも一意見でしかないけれど。
厳しい世になるかもしれない。

控え目に跳ねるあの子と擦り切れたミサンガ

嫌だったけれど、スポーツも少しはしなくてはとここ最近思う。
職務が違くなったからか、近頃、体力を使うことが大変少なくなり、体脂肪率がめっちゃ上がった。
また、年も関係しているかもしれないが、お腹周りに脂肪が醜くついていて、ものすごくみっともない。
少しは、スポーツしないとだめだ。

ゆったりと叫ぶ兄弟と気の抜けたコーラ
本日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、ボールを使ったスポーツは得意ではなかったので、不機嫌そうに体操着を着ていた。
きっと今日は、運動神経のいいケンイチ君が活躍するはずだ。
きっと今日は、運動神経のいいケンイチ君が活躍して女の子たちにキャーキャー言われるだろう。
そうなると、少年が恋しているフーコちゃんは、ケンイチ君を見つめることになるのだろう。
少年は「あーあ」とこぼしながら、体育の場へと小走りで出て行った。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君ではなく、少年のことを何度も見てたのを、少年は気がつかなかった。

気持ち良さそうに話す友人と公園の噴水

私は昔から、肌がまったく強くなく、すぐかぶれる。
そして、ボディーシャンプーの体に残ってしまう使い心地が気持ち悪い。
でも、冬の時期は凄く乾燥しまくるので、添加物の少ないローションを愛用する。
愛用中の商品の残念なところは、価格設定が非常に高いので、買うのをやめようかと思わせるところ。

控え目に走る彼女と草原
求められて、知り合いの所有地のモウソウダケの間伐を助太刀していたけれど、しかし、竹がとってもひしめいていてつらかった。
竹林の持ち主が土地の管理を両親から相続して、大きな竹が密集しすぎて、除去しづらかったらしい。
自分は、業務で応用する新しい竹が欲しかったので、もらえるとなり、タイミングが良かったが、奥まった里山から出すのも苦しかった。


ページの先頭へ